スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの大地震から5か月たったのか。

火曜日、用事があって
土浦駅まで出かけた。

chibi


駅前に来ると、「バチュ!バチュ!(バス、バス)」と
次男がチャイルドシートから、上半身抜けだし、
覚えたての言葉を発し、大はしゃぎだ。

機関車トーマスが好きだった兄は
今ではポケモンに夢中。
でも、そばで一緒にトーマスをDVDで見ていた弟は
「かちゃ!かちゃ!(貨車!貨車!)」
実物に驚き、喜んでいる。
「貨車」なんて言葉覚えていたとは!

eki

ピザ屋のある父の実家は、
一・二年前?まで路線バスが通っていた。

上の子がまだベビーカーに乗っていたころ、
当時は東京に住んでいて、
一度か、二度、土浦から一時間以上バスに揺られて来たことがあった。

床が板張りのバス。
都内では、ノンステップバスが当たり前だったから、
バスに乗るために、ベビーカーをお神輿のようにして階段を上がり、
「となりのトトロ」に出てくるような景色を見ながら乗ったこと、
楽しく思い出す。
そのバスが廃線と聞いた時は寂しかった。


用足しに来た先で、
3月に引っ越したことなんかを世間話でした。
地震の前?後?とか、ここは震度6だったとか。
そういえば、茨城に来てまだ半年もたっていないのか。


今日は、地震発生から5か月。
高校野球で茨城代表、藤代高校戦をお店で見ていた時だった。
14:46が来て、黙とうシーンの映像になった。

3月11日、
都内で勤務中、いわいる帰宅難民になった。
大手町に研修会に上司と二人で出席していた。
本社のある池袋まで歩いて戻ったら、本社ビルは立ち入り禁止。

幸い22時過ぎて、電車が運行を再開してくれたので
その日のうちに家に帰ることができた。
そのあと、TVなどを通じて全貌がわかり始めて、
帰宅難民?
だから?全く大したこっちゃない。


TVで気仙沼市や大槌町での黙とうの様子が放映された。
そこに居合わせている人々の面持から気持ちを
想像しようとして、すぐに胸が詰まる。
無理だ。


代わりに、今家族がそろって元気であることを
この上なく幸せに思った。

できることをしよう。
子どもたちの将来を少しでもましにするために、
これから根差して生きていくこの地で
元気に、楽しく暮らして行けるように。

さあ、がんばっぺ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピザ屋見習い

Author:ピザ屋見習い
茨城県かすみがうら市にある、薪石窯ピザ・お食事のお店「魚野川(うおのがわ)」です。魚野川は新潟県魚沼地方を流れる川の名前。この川が信濃川と合流する越後川口が私と母の生まれ故郷。
ここかすみがうら市は父の故郷。たくさんの人に支えられ、家族の夢の詰まったお店が2011/4/20開店しました。

旅気分♫
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

見習いのお気に入りツイート。
リンク
魚野川QRコード
ケーターからも すぐにアクセス。
QR
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。